スーパーヒーローキッズ

​子ども英会話教室

TAKAKOトーキングスクールが選ばれる2つの理由

理由:その1

一人一人の実力に合った個別対応

TTSではテキストなどの教材にこだわらずに、お子様一人一人にあったカリキュラムをご用意いたしております。日常の何気ない会話から、お互いに伝えたい、聞きたいという気持ちが沸き上がってきます。お子様が本来持っている、伝えたいという情熱、聞きたいという情熱が成長を促します。

学生を助ける
会議中

理由:その2

​充実した講師陣

TTSでは経験豊富な講師や、ネイティブの外国人から活きた英語を学習することができます。今後世界で活躍するためには、このような正しい外国語、本物の外国語を身につけていく必要があるのはもちろんですが、様々な文化や価値観とふれあう機会を多く持つことが重要になってきます。

2020年度 教育改革

小学校・中学校の英語教育が大きく変わります

■小学校3年生からのカリキュラム導入

これまで小学校5年生からだった英語教育が、2020年には小学校3年生から開始されます。
小学校3年生、4年生は体験型英語学習「外国語活動」が年間35コマ設定されます。

■小学校5年生から「教科」としての英語が必修化

これまで中学生からだった「教科」としての英語が、小学校5年生から開始されます。

年間70コマの授業が設定され、成績がつくようになります。

■中学生、高校生での英語カリキュラムも大きく変更

中学生の授業は2021年度「聞く」「話す」学習が大幅増、オールイングリッシュ化に。

​高校大学入試もそれに合わせて変革の時代に突入しております。

英語学習の重要性について

 今回の教育改革の柱となるのは「表現力」「思考力」「判断力」の習得。学校では、教壇に立つ先生の話を聞いてノートを取る従来の聴講型授業から、生徒自身が積極的に意見を交わす生徒参加型のアクティブラーニング方式へと徐々に変更していきます。つまり、知識を詰め込むためのインプット学習だけでなく、自らの頭で判断して考えた意見や答えを発信するアウトプット学習が取り入れられるのです。

 この教育改革で最も影響を受けるのが英語教育。2020年からは小学3年生から英語学習が始まり、小学5年生からは英語が教科のひとつとなります。しかも、単語や文法を覚える暗記学習だけではなく、英語でプレゼンテーションしたり自分の考えを文章で表現したりしながら「読む」「聞く」「書く」「話す」の英語の4技能を総合的に高める内容へと変わります。

コース料金

 

コース料金については、お問い合わせください!